退職後にカードローンは大丈夫なのか

退職した後にカードローンの審査に通る方法はある?

退職した後に、お金に困った場合・・・。カードローンでちょっと借りる、なんてことはできるのでしょうか。

退職後すぐに審査に申し込んだ場合

退職するというと、大きく分けて、定年で退職した場合と、自己都合・会社都合で退職した場合のふたつに分けられますね。あなたがどちらの場合かに関わらず、カードローンの審査を退職後に申し込んだら、確実に通らないでしょう。

まず、カードローンに申し込むと、在籍確認があります。あなたのお勤め先にカードローン会社から電話がかかってくるのです。あなたは退職して、働いていないのですから、当然在籍確認できませんよね。ということは、審査に100%通らないということになります。

退職金があるんだけど・・・

でも、退職すると、収入は断たれても、退職金は出ますので、そこまでお金がない!という状況ではありませんよね。ですから、次の勤め口を見つける間、退職金を担保に、カードローンで安心したい、という気持ちのある方もいるかもしれません。

しかし、退職金があろうとも、カードローンの審査には落ちてしまうでしょう。なぜなら、カードローンの審査は「安定した収入」が第一に考えられるからです。今あるお金の量ではなく、毎月一定に入ってくるお金が重要なのです。

配偶者に収入があれば審査オッケー

それでも、退職したあなたがカードローンで借りられる方法はあります。それは、あなたの配偶者に収入がきっちりある場合です。各種銀行や消費者金融会社では、あなた名義のローンでも、配偶者の収入で審査できるところがあります。

しかし、その場合は、配偶者の協力が最も重要です。人間関係を壊さないように、努力しなければなりません。また、配偶者に秘密にしてカードローンを借りるということは絶対にできません。さらに、そのようなローンでは、限度額が少ない場合がほとんどです。20万円や30万円借りられたらいい方かもしれませんね。

退職する前にカードは作っておこう

退職した後だと、カードローンを作るのは非常に難しくなりますから、退職する前にカードローンやクレジットカードは作っておきましょう。カードローン利用中に退職した場合でも、退職したことをローン会社に言う必要はありません。

しかし、あなたは絶対に返済しなければならないので、退職して収入がなくなってしまったのに無理な借り入れをするのはやめましょう。