アルバイトだとカードローンは無理なの?

アルバイトだとカードローンに通る?通らない?ウワサの真相解明

カードローンの審査は、急いでお金が必要な時にはちょっと困ってしまいますよね。ここでは、アルバイトの人がカードローンの審査に通るのか通らないかを解説します。

アルバイトでも審査できます

カードローンの広告では、「アルバイトやパートでも一定の収入があれば審査の上融資できます」とよく言っていますね。これはどういう意味なのでしょうか。

一般的にアルバイトというと、収入が低かったり、安定しなかったりというイメージがありますね。ですから、カードローンの審査は到底通るはずがないと思われています。

しかし、カードローンの審査では、年収が低いからといって必ずしも落ちるとは限りません。大事なのは、安定した収入なのです。つまり、一ヶ月に10万円だろうが100万円だろうが、安定して毎月収入が入ってくるのであれば、審査できるということなのです。

ということは、アルバイトでも毎月しっかり働いていれば、審査に通りそうですよね。

アルバイトは審査に落ちやすい

しかし、一般的には、カードローンの審査にアルバイトは通りづらいと言われています。なぜなのでしょうか。

やはり、カードローンの審査が厳しくなっていることが原因かもしれません。カードローンの経営がそこまで良いとは言えない今の時代で、カードローン会社も、できるだけ安心感のある人に貸したいと思っています。

となると、アルバイトの人と正社員の人が申し込みしてきた場合、正社員の方が安心だと判断して、アルバイトの人は断ってしまうのです。

結局申し込んでみないとわからない?!

アルバイトは通りにくいと言っても、アルバイトでもオッケーというカードローンの宣伝は後をたちません。いったい何を信じていいかわからない・・・と、悩んでしまいます。

結局、申し込んでみないとわからないというのが本当のところでしょう。でも、申込先には気をつかいたいですね。たとえば、銀行のカードローンは、審査が厳しいと言われています。一方、消費者金融会社のカードローンは、比較的審査が甘いと言われているのです。

また、あまりに聞いたことのない会社への申し込みにはくれぐれも注意が必要です。「闇金」の場合もあるからです。