インフレって何?借金がチャラになる理由

一瞬でわかるお金の話。インフレ時に借金があると○○○になる!

「インフレって何?」今更周りに聞けないこの質問。これを読み終わった瞬間に、疑問はスッキリ解決!あなたも「インフレ」をすぐに説明できるようになっているはずですよ。

インフレは「お金の価値が下がること」

インフレは「インフレーション」の省略です。インフレになると、かんたんに言うと「お金の価値が下がる」のです。価値が下がるというとなんだか悪いイメージですね。しかし、後でお話ししますが、借金を抱えた方にとっては、悪いことばかりではないのです。

お金の価値が下がるというのは具体的にどういう意味なのでしょうか。

お金の価値が下がる時は、物の価値が上がる時です。

たとえば、スーパーマーケットに行って、「最近、野菜が高いなあ~」なんて感じることありますよね。この前までひとつ100円だったリンゴが、今はひとつ200円で売られている。ということは、100円玉が一枚あっても、以前はリンゴが手に入ったけれど、今は買うことができませんよね。つまり、100円玉の価値が下がった!といえるわけです。

対する「デフレ」は、物がどんどん安くなっていって、お金の価値があがることです。不景気になるとデフレが起こると言われています。

インフレだと金利が高くなる!

物価が上がるインフレだと、借金の金利も高くなります。社会全体の物価が高くなるのですから、金利も当然ながら高くなるわけです。

となると、借金するのは損かな?という気がしますよね。インフレではない時は10%で借りられたのに、インフレ時では15%になってしまったら、同じ金額を借りるのにも5パーセントも高い金利を支払わなければならないのが損な気分です。

確かに、新たに借り入れする時はそうかもしれません。しかし、以前借りて、現在返済途中の借金は、なんと、得になってしまうかもしれないのです。

インフレで借金がチャラに?!

インフレだろうがデフレだろうが、あなたが持っている借金は変わりません。(しかし、変動金利の場合は金利が上がってしまうこともあります。)

ということは、お金の価値が下がっているインフレ時だと、お金を返済しやすくなるといえるのです。もっと具体的に言うと、インフレ時には基本的に好景気になるので、あなたのお給料も高くなるはず。稼ぎが多くなるのだから、返済しやすいといえますよね。

しかしながら、これも机上でのことであり、現実はそこまでうまくはいかない・・・という説もあります。