保証人って何?融資に絶対必要なのか

初めての融資でも知って安心!お金を借りる時には保証人は必要なの?

初めての融資だと、不安なことが大変多いですよね。ひとつひとつ確実な知識を身につけて、解決したいものです。ここでは、保証人についてわかりやすく解説します。

保証人って何?

「保証会社」「保証人」など、パターンがありますが、保証人というのは基本的にはあなたの味方です。

あなたがお金を融資してもらう時には、必ず返済すると約束しなければなりませんね。返済できない人には、どんな会社もお金を貸してくれることはありません。ですが、あなたがいくら返済すると誓ったとしても、未来はなにが起こるかわかりませんから、100%確実とはいえないでしょう。

たとえば、病気になってしまったり、不慮の事故にあったりして、返済できなくなるようなこともあるかもしれません。その場合でも、あなたに融資したお金は戻ってこなくては、ローン会社側は困ってしまいますから、保証をつけるわけです。それが、「保証人」や「保証会社」なのです。

保証人はあなたの借金を肩代わりする

場合によっても違いますが、借金の保証人になった場合は、契約者に何かがあって払えなくなった時に、全額を肩代わりするものです。ですから、保証人になるということは非常に大変な責任を持つことなのですね。いくら親子関係でも、保証人はなかなか頼みづらいですね。

そのために、保証会社を最近は使っているようです。保証会社にはあなたは「保証料」なるものを支払います。保証料を払う代わりに、あなたの身になにか起こった場合にはよろしく頼む、というような契約を行うのです。

保証人の要らない借金もある!

しかし、保証人や保証会社が要らない融資もあります。カードローンなどの手軽な融資は、保証会社も保証人も要らないことがほとんどです。

カードローンは、できるかぎりスピーディーに審査も楽に行うサービスがメインですから、保証人や保証会社といったものを間に置くと、時間がかかってしまいますよね。ですから、面倒な手続きはすべて省いているのです。

その代わり、金利が、他のローンの中でもトップレベルで高いです。サービスの分の金利なのですね。