無職でも借金できる危険な方法

超危険でも借りますか?無職の人がお金を借りる方法3つ

「無職の人はお金を借りることはできない」という常識。でも、そんな常識を破って、無職でもお金を借りる方法があるのです。

無職でも借りられる①:現金化

クレジットカードの現金化という方法があるのです。それは、クレジットカードさえ持っていればお金が借りられる方法です。クレジットカードを持ってさえいれば、キャッシング枠がなくてもできます。

まず、ショッピング枠を使って、クレジットカードで買い物します。品物を、金券ショップなどに売って、現金にします。もちろんあなたが買い物したわけですから、数カ月以内にはあなたの指定した引き落とし先からその代金が引き落としされます。それまでは、あなたの手元にある現金は好きに使って構いません。

これがクレジットカード現金化の方法ですが、非常に危険な方法です。なぜなら、クレジットカードの利用を止められる可能性があるからです。あなたが買い物した分を引き落としできなかったら、クレジットカードの利用は止められるでしょう。また、そもそも、クレジットカードの現金化は違法です。クレジットカードをこのように使ってはならないのです。

無職でも借りられる②:ヤミ金

ヤミ金から借りるという方法もあります。しかし、言うまでもなく、ヤミ金は非常にリスクが高いです。ヤミ金は、正規の届け出を出していない貸金業ですから、違法な金利を取っても“もぐる”ことができます。取立ても非常に厳しく、少しでも返済が滞ると執拗な嫌がらせに及ぶことがあります。

さらに、「押し貸し」による詐欺は後をたちません。あなたの大切なお金をむしりとられてしまったあげく、住む家もなくなる・・・なんていう大変恐ろしい事態になることも人事ではありません。

無職でも借りられる③:友人などに借りる

もっともリスクがなさそうなこの方法。友人や知人・親などに借りるという方法は、無職でもできるかもしれませんね。あなたに信頼があれば、周りの人は貸してくれるでしょう。

しかし、ことによっては、これは最も恐ろしい方法ともいえるのです。なぜなら、お金のことで大事な人と争うことになり、人間関係にひびが入る可能性があるからです。

人間関係は、お金で買えるものではありません。本当に困った時に助けてくれる人たちを失くしてしまうと、あなたは天涯孤独になってしまいます。