ローンを組む時に絶対入る保険とは?

ローンを組む時に必ず入っておかなければならない保険がある!

保険というと、就職する時に入ったり、結婚を機に入ったりすることが多いですよね。でも、それだけではありません。ローンを組む時にも、必ず入っておかなければならない保険があるのです。

「団体信用生命保険」とは

ローンを組む時に、入っておかなければならないローンとはズバリ「団体信用生命保険」です。そんなの聞いたこともないよ!というあなたに、わかりやすく解説しますね。

団体信用生命保険とは、住宅ローンを組む時に入る保険です。住宅ローンといえば、30年とか35年とか長期間にわかり払い続けるローンですよね。そんな長い間ローンを抱えていたら、もしかしたら、病気になってしまって働けなくなるような場合もあるかもしれません。

収入がなくなってしまったら、住宅ローンはどうなるのでしょうか。家を手放さなければならないのでしょうか。不安ですよね。

でも、団体信用生命保険に入っておけば、あなたが返済できなくなったときに、残りのローンを保険会社が払ってくれるのです。あなたは安心して同じ住宅に住み続けることができます。

団体信用生命保険は必ず入らなければならないの?

住宅ローンを申し込んだとたんに、知らない間に保険に入らされているなんてことがあれば、問題ですね。団体信用生命保険が重要なことはわかったけれど、必ず入らなければならないのかが気になります。

それは、住宅ローンをどこで組んだかによります。住宅ローンというと、大きく分けてふたつに分けられます。「住宅金融公庫」などの公のローンと、銀行などの民間のローンです。

前者は、団体信用生命保険に入る必要はありません。しかし、ほとんどの人が団体信用生命保険に加入しているということです。後者は、原則的に、加入しなければなりません。

団体信用生命保険にかかる費用はどうなってるの?

保険といえば、保険料が心配ですね。いつの間にか団体信用生命保険に加入させられて、高額な保険料を取られていたなんてことにはなりたくないものです。

銀行などの民間のローンでは、ローンの金利自体に、団体信用生命保険の金利も入っています。保険料は安く、およそ0.3%ほどということなので、安心できるかもしれませんね。