融資の同時申し込みは危険?

同時申し込みして融資をすべてに断られた!原因と対策は?

融資を今すぐに受けたい時には、確実に審査に通る方法を使いたいですよね。そんな時、同時申し込みするとどうなるのでしょうか?

融資の同時申し込みはできるのか

そもそも、融資の同時申し込みはできるのでしょうか。

融資といっても様々な種類があります。たとえば、住宅ローンや教育ローンなどの長年かけて支払うもの。また、カードローンやフリーローンなど、少しだけ融資してもらって、1週間や1ヶ月で返済していくもの。

このように、色々な種類のある融資を、同時申し込みすることは可能です。たとえば、住宅ローンを申し込みした次の日にカードローンの申し込みをすることもできます。また、同じ種類の融資の同時申し込みもできます。たとえば、A社だけではなく、B社にカードローンを同時申し込みすることもできるのです。

融資を同時申し込みしてすべてに断られた?!

就活や受験と同様に、1つだけを受けるよりも、2つ以上受けた方が確実にどこかが通りそうですよね。融資を今すぐに確実に受けなければならないときは、同時申し込みは効果がありそうです。

しかし、残念ながら、同時申し込みしたすべての会社に、融資を断られてしまうということもあります。なぜなのでしょうか。

同時申し込みしたこと自体が審査に落ちた原因?

ひとつに、同時申し込みしたことで、かえって審査に不利に働いてしまったということも考えられます。あなたが同時申し込みしたことは、A社でもB社でも、すべての金融機関が知ることができます。信用情報機関に登録されるので、各会社が参照できるのです。

信用情報機関を見て、自分のところ以外にも申し込みしていることがわかると、そのことをよくないと思う会社もあるようです。ですから、同時申し込みが不利になる場合もあるのです。

お金を借りるべきじゃないのかも

または、どの会社からも断られてしまったということは、あなたがお金を借りるべき状況ではないということでもあります。極端にいえば無職であるとか、他の借金がたくさんあるのでこれ以上の借金は危険だとか、そういう心当たりはないでしょうか。

消費者金融会社は、審査であなたの身を守ってくれているともいえるのです。