住宅ローンの早期完済のデメリット?!

住宅ローンを早期完済するとメリットだらけ…とは限らない!その理由

住宅ローンを組むなら、早期完済を目指すぞ!という方は多いですね。しかし、早期完済は、メリットばかりとも限らないのです。

住宅ローンの早期完済を目指す理由

つい先日、私の友人も住宅ローンを組みました。20代の若い夫婦です。35年ローンで、マンションを買ったそうです。友人は、「早期完済して後で楽するようにがんばる!」と言っていました。

確かに、今から35年もの借金を背負ってしまったのでは、どうしても不安に思ってしまいます。若くて体力のあるうちにしっかり働いて一刻も早く返済して、気持ちを楽にしたい、と思うことでしょう。

しかし、早期完済だけを目指していても、メリットが多いとは限らないのです。

早期完済といえば繰り上げ返済。しかし手数料がかかる!

早期完済するといえば、繰り上げ返済ですよね。毎月の返済する日以外に、余裕のある時にお金をたくさん返済するのが繰り上げ返済です。

しかし、繰り上げ返済するにも、手数料がかかるのです。後から楽したいがために手数料がかかってしまうのでは、なんだか納得できないと思うかもしれませんね。

早期完済することで貯金がゼロに!?

また、早期完済を目指して、お金を稼いだらすぐに住宅ローンの返済に向けてしまうのでは、貯金するヒマがないかもしれません。貯金に余裕がなければ、万が一の時に困ってしまいます。

たとえば、病気をして働けなくなってしまった時や、事故を起こして急にお金が必要になった時。人生には何が起こるかわかりませんから、いつでも貯金はしておいた方がいいですよね。

そのために、ゆっくりお金を払う権利を得たのが住宅ローンなのです。住宅ローンのそもそもの目的を見失わないように、無理な早期完済は控えた方がいいですね。