外国人のローンに必要なもの

外国人がローンを組む時の基本知識をわかりやすく知ろう!

外国人だとローンを組むのに少々複雑な手続きが必要になります。

外国人でも審査は受けられるの?

そもそも、外国人だと、各種ローンの審査は受けられるのでしょうか。

一般的には、外国人に貸すのはなかなかリスクが伴うものだと判断されるものです。なぜなら、外国人にはふたつの問題があるからです。

ひとつは、言語の問題。コミュニケーションがなかなか取れない、取りづらいとなると、日本語でも難しいお金の話が成り立たないかもしれませんよね。「言った」「言わない」の話になってしまうとややこしいです。また、日本語を喋ることはできても、書くことが苦手という外国人の方もいるかもしれません。その場合は書類作成などに問題が出てきます。

もうひとつは、外国に帰ってしまうかもしれないという問題です。日本人であれば、万が一延滞を繰り返した時には、日本内での問題で済みますが、外国人の場合は、母国に帰ってしまった場合、郵便物も届きづらいですし、裁判を起こすことも難しいですよね。

ですから、これらの理由により、ローン会社は、外国人には貸し渋るということが多いのです。しかし、そんな法律もないですから、外国人でも審査は受けられます。

外国人の審査に必要なもの

ローンの審査で必要な書類などはなんなのでしょうか。日本人の場合、「収入証明書」「身分証明書」が必要です。「お金を稼いでいます!」という証明と、「私は○○です!」という証明が必要なのですね。外国人の場合でも、これは絶対に必要です。

その他、外国人の場合、「永住権」の証明も必要です。これは、上記で説明しました「外国に帰ってしまうかも」の心配を少なくするためのものです。日本にずっと住んでもいいという権利があれば、リスクが少なくなりますよね。

でも、永住権がなくても審査を受けられることもあります。ローンの種類や会社によって違います。ただしその場合でも「外国人登録証明書」は必要ですから必ず用意しましょう。