おまとめローン 審査 通りやすい

おまとめローンで返済に余裕が出来ました!彼女とのお付き合いも円満

私は22歳で大学を卒業してから35歳になるまで将来のことも考えずに好き勝手に生きていました。この間欲しいものが有れば迷わず買ってしまうという性格も災いして3つのカードローンを利用し、総量規制ギリギリまで借入を続けてしまい、給料もそれ程多い訳でもなかったため毎月の返済に四苦八苦し、たまに延滞をすることもあるような生活が長く続いていました。それでもなんとか返済が出来ていたので困るということは無かったので問題は感じていませんでした。今考えると本当に馬鹿でした。

この頃は生活費を除いて収入のほとんどは返済に回していましたから、欲しい物も買えず、かといってこれ以上借入も出来ず、以前の私から比べると惨めな生活だったわけです。しかし惨めと感じていれば生活の立て直しを考えることも有ったかもしれませんが、そんなことも感じない状態にまでなっていました。窮すれば鈍すると言いますが、そもそも貯金しようにも貯蓄に回せるような余裕など無かったわけですから感じられないのも仕方が有りません。しかしそのあと状況は一変しました。

今考えれば自分でも笑ってしまいますが彼女が出来て好き勝手に生きてきた私が現実に引き戻されたのです。返済のために余裕が無くデートもお金のかからないところばっかりというのはしょうがないにしても、将来も良く考えないといけなくなりました。そこで普通なら貯蓄と言うことになるのですが、自分がそんなことが出来る状態ではないことにそこでようやく気付きました。そして自分の将来に絶望してしまったわけです。これでは当分正常なお付き合いなどできません。

しかし泣いてばかりはいられませんので、何とかする方法を調べてみることにしたわけです。まずさらに借り入れをしてお付き合いをすることを考えました。さらに別のカードローンを契約しようと思ったのですが、その時の私の状態では審査に通るのは無理でした。そこでやはり月々余裕を作らなければどうしようもないということを理解しました。しかし一括返済でもしなければ、返済額を減らすことは無理ですし、そもそも一括返済するお金が有ればお付き合いに使っていたでしょう。

何かうまい手は無いかと考えていたところ、総量規制を導入するにあたって、私の様に多くの負債を背負ってしまっている人を救済するためのおまとめローンと言う物が用意されたことを知りました。もしおまとめローンでローンを一つにまとめることが出来れば返済を1つにでき、月々の返済額を大幅に減らすことが出来るとわかり、躍り上がってしまいました。すぐに申込もうと考えたのですが、問題はおまとめローンにも審査が有るということでした。

そこでまずおまとめローンがある金融機関を調べてみたところ、おまとめローンがある金融機関は銀行と大手消費者金融と言うことが分かったので、この中から審査が通りやすいところを探すことにしました。そこでまずはインターネットで情報を収集してみました。どの金融機関のホームページにも良いことは書いてありますが審査については審査が有りますと書いてあるだけで詳細を知ることはできません。そこで今度はクチコミ情報などにも目を通してみました。

いろいろ調べてみましたが、やはり銀行の方が審査は厳しそうでした。またそれまでいい加減な生活を続けてきた付けが祟ってどうも私の場合には銀行の審査は通りにくそうです。審査基準は金融機関毎に違うので可能性はあると言っている情報も有りましたが、それでもやはり厳しいことには変わりはないと判断しました。本当は金利から考えると銀行の方が返済には有利だったのですが、残念ながら銀行でのおまとめローンの利用は諦めました。

次に大手消費者金融を調べてみました。大手消費者金融では銀行よりは審査は緩そうでした。それでも私の場合には問題が有りそうでしたが、インターネット上の体験談を読んでみると私のような延滞が有るような場合でも審査が通ったという記述を見つけて光が見えてきました。そこで大手消費者金融であれば”おまとめ”が出来そうと判断して、金利などでなるべくお得な物を探すことにしました。そして候補を3社程度に絞ってまずは第1候補に申込むことに決めました。

すぐに返済中のカードローンの契約書など必要な書類をそろえて、窓口に行きました。窓口では今までの状態から嫌な顔でもされるかと思ってビクビクしていたのですが、にこやかに対応してくれて、申し込み手続きを進めることが出来ました。多少審査に時間がかかりましたが、無事に通してくれて複数のカードローンを1つに纏めることが出来ました。これでやっと返済が1つになって月々の返済額が減り余裕が出来たので、まずは少し贅沢なデートをしました。

このときからやっと少しづつですが貯蓄にお金を回せるようになって、将来についても話し合えるようになりました。今後どのような方向に進んでいくかは分かりませんが、少し生活にも余裕が出来たことで精神的にも楽になり、以前のことも考えるようになりました。いま反省しても取り返せませんが、これからは遅まきながら計画的に生活して十分過ぎるほど遊んだつけを支払って行きたいと考えています。おまとめローンを利用して本当によかったと思っています。

同時申し込みして融資をすべてに断られた!原因と対策は?

融資を今すぐに受けたい時には、確実に審査に通る方法を使いたいですよね。そんな時、同時申し込みするとどうなるのでしょうか?

融資の同時申し込みはできるのか

そもそも、融資の同時申し込みはできるのでしょうか。

融資といっても様々な種類があります。たとえば、住宅ローンや教育ローンなどの長年かけて支払うもの。また、カードローンやフリーローンなど、少しだけ融資してもらって、1週間や1ヶ月で返済していくもの。

このように、色々な種類のある融資を、同時申し込みすることは可能です。たとえば、住宅ローンを申し込みした次の日にカードローンの申し込みをすることもできます。また、同じ種類の融資の同時申し込みもできます。たとえば、A社だけではなく、B社にカードローンを同時申し込みすることもできるのです。

融資を同時申し込みしてすべてに断られた?!

就活や受験と同様に、1つだけを受けるよりも、2つ以上受けた方が確実にどこかが通りそうですよね。融資を今すぐに確実に受けなければならないときは、同時申し込みは効果がありそうです。

しかし、残念ながら、同時申し込みしたすべての会社に、融資を断られてしまうということもあります。なぜなのでしょうか。

同時申し込みしたこと自体が審査に落ちた原因?

ひとつに、同時申し込みしたことで、かえって審査に不利に働いてしまったということも考えられます。あなたが同時申し込みしたことは、A社でもB社でも、すべての金融機関が知ることができます。信用情報機関に登録されるので、各会社が参照できるのです。

信用情報機関を見て、自分のところ以外にも申し込みしていることがわかると、そのことをよくないと思う会社もあるようです。ですから、同時申し込みが不利になる場合もあるのです。

お金を借りるべきじゃないのかも

または、どの会社からも断られてしまったということは、あなたがお金を借りるべき状況ではないということでもあります。極端にいえば無職であるとか、他の借金がたくさんあるのでこれ以上の借金は危険だとか、そういう心当たりはないでしょうか。

消費者金融会社は、審査であなたの身を守ってくれているともいえるのです。

お金を借りるならクレジットカードorカードローン?違いを教えて!

「クレジットカード」「カードローン」など、お金にまつわるカードの種類はたくさんありますよね。それらの違いをわかりやすくご紹介します。

クレジットカードって何?

「申し込みして頂くと、今日から5%オフになります!」などと、デパートで宣伝されたことのある方は多いかもしれませんね。クレジットカードには、デパートやスーパーマーケットでの買い物で便利な機能がついています。

あなたがあるデパートで買い物する時に、現金ではなく、クレジットカードを出して会計することができます。クレジットカードで払って、サインをすることで、現金を持っていなくても、クレジットカードに登録された口座から自動的に引き落としされるのです。

また、クレジットカードを使うと、ポイントが貯まります。ポイントはいろいろな商品と交換できたり、飛行機に乗ることもできたり、実にいろいろなことに使えます。

さらに、クレジットカードを使って買い物をするだけで、商品から5%オフになったりと、その日の買い物自体も得することもあるのです。

気軽に借金できるカードローンとは

「今月お金がピンチになってしまった・・・」そんな時にカードローンは役に立ちます。カードローンとは、あなたがあるカードを持ってさえいれば、コンビニや銀行のATMなどで、数千円~お金を引き出して借りることができるというものです。

借りたお金は、金利とともに、次のお給料が出たときに返済すればオッケーです。支払い方法もいくつか選ぶことができます。

さて、カードローンのお金を借りるということが、クレジットカードの「キャッシング機能」に大変よく似ているので、クレジットカードとカードローンの違いがややこしくなってしまうのですね。

カードローンとクレジットカードのキャッシングの違い

クレジットカードでも、お金を借りることができます。それを「キャッシング機能」と一般的に呼んでいます。お金に困った時には、ショッピングをしたくても、口座にお金がないためにできないですよね。でも、どうしても今すぐに商品が必要な時、キャッシング機能を使えば、口座にお金がなくても買い物をすることができます。

お金を借りたら、カードローンと同様に、次の引き落とし日に返済すれば大丈夫です。口座引き落としにしているのならば、必ず口座にお金を入れておかなければ延滞になってしまいますので注意が必要です。

このように、カードローンとキャッシング機能の違いはほとんどありません。違いといえば、クレジットカードは基本的に買い物するためのカードであり、カードローンは借金専用のカードということでしょうか。

キャッシングの引き落としできなかった!カード利用はどうなる?

キャッシングの支払日に、引き落としができなかった!そんな経験のある方は、意外と多いのかもしれませんね。

カードでキャッシングしたら引き落とし日を忘れない

カードでキャッシングした場合、意外と忘れがちなのが引き落とし日のことではないでしょうか。一度お金を借りて、必要なものに使ったら、返済は忘れてしまう・・・というのが人間かもしれませんね。

しかし、それではいけません!借りたものはきっちり返すのがキャッシングのルールです。引き落とし日には、指定の引き落とし先から、あなたが借りた分と金利の分まできっちり引き落としされます。

もうひとつ忘れがちなことは、借りたお金だけではなく、金利が付くということ。1万円借りたから1万円口座に入っていればいいというわけではありません。その分の金利も支払うのですから、計算してお金を入れておかなければなりません。

もし引き落としされなかったらどうなるのか

もし、あなたがうっかり引き落としを忘れてしまって、口座がからっぽの状態で引き落とし日がきてしまったら・・・。

カード会社は、引き落としされなかった事実を確認すると、すぐにあなたに連絡を入れることでしょう。「引き落としできなかったので至急お金を振り込んでください」などと、通知がくるはずです。

気がついた時には既に遅し・・・このような通知が来てしまえば、あなたはカード会社からペナルティを受けるのでしょうか。

延滞するとブラック扱いに?!

ひとつ心配されるのは、あなたが「ブラック扱い」になってしまうということです。引き落としできなかったということは、カード会社にとって、立派な事故です。たとえ、あなたが翌日にすぐに振り込んでも、延滞してしまったという事実は変わりません。

ですから、最悪の場合、あなたに事故情報がついてしまうことも考えられます。しかし、すぐに支払えば、ブラック扱いとまではいかないはずです。一方、対応が遅れて、いつまでもお金を支払わなければ、ブラック扱いになることも十分考えられます。とにかく、引き落としできなかった場合は、すぐの行動が大切です。

初めてカードを持つ時には、歴史あるクレジットカードの方がいい?

いざ、クレジットカードを選ぼうとすると、そのあまりの種類の多さに驚いてしまいませんか?カードを選ぶ基準のようなものがあるといいですよね。

クレジットカード選び、みんなどうしてる?

数多くあるクレジットカードの中で、初めて申し込むカードはどれにするべきなのか、多くの人は何を基準にしているのでしょうか。

ひとつは、よく使うショッピングセンターのカードだったり、ガソリンスタンドのカードだったりと、身近なものに関係あるカードを作るということです。それが最初のクレジットカードということは多いようですよ。

また、クレジットカードを使うと貯まるポイントも、重要です。ポイントがたまりやすいカードを選べば、買い物をするたびにおまけがもらえますから、たくさん貯まれば無料で旅行に行けたり、豪勢なディナーを楽しんだり、ということもできるのです。

信頼があるクレジットカード選び

しかし、大切なことを忘れてはいけません。あなたの大切なお金を預けるのがクレジットカードですから、信頼のある会社でなくてはならないのです。

外国では、持っているクレジットカードの種類でその人となりが判断されるということもあるくらいです。日本ではまだそこまではいきませんが、カード会社はとても重要なことは間違いありません。

信頼できるクレジットカード会社はいったいどこなのでしょうか。

歴史あるクレジットカード会社だったら安心!

ひとつ思い浮かぶのが、古い歴史のあるクレジットカード会社を選ぶということです。歴史があるということは、信頼されている証拠でもあるわけです。信頼が低ければ、会社はすぐにつぶれてしまいますからね。

ということは、日本でも歴史の古いカードを選ぶことは、安心の基準でもあります。信頼度の高いカードを選ぶことを第一とするあなたは、知名度が高く、歴史のあるカードを選ぶことをおすすめします。

これじゃ足りない!困った時にキャッシング枠を確実に増額できる方法

キャッシング枠が足りない・・・と、いつも悩んでいませんか?キャッシング枠を増額するためには、どうすればいいのかを解説します。

キャッシング枠は最初に決められる

あなたのクレジットカードやカードローンでは、限度額があります。10万円まで、とか、50万円まで、とかいうように、設定された限度額は、あなたの最初の申込時に決定されます。

あなたが「○○○円まで貸して欲しいです」と希望を言っても、必ずしもその通りに進むとは限りません。あなたの収入や、他社からの借り入れ状況を加味した上で、あなたに貸すことのできる限度額を、カード会社が決めるのです。

ですから、あなたが50万円と希望したのに、40万円となることもあり得ます。「それじゃ足りない!」と焦ってしまうかもしれませんが、限度額は、増額することができるのです。

限度額を増額するには

限度額を増額するには、あなたがカード会社にとって「良いお客さん」になるということが一番です。

カード会社にとって良いお客さんとはどのような存在でしょうか。あなたがカード会社の立場にたって考えてみましょう。そうすると、「たくさん借りて、金利もきっちり払ってくれてすぐに返済してくれる人」となるのではないでしょうか。

ですから、あなたも、延滞などせず、何回もカード会社から借りていれば、自然とカード会社の信頼を得て、「このお客さんはいいお客さんだからもっとたくさん貸してあげよう」となるのです。

増額するにはどのくらいの期間が必要なのか

でも、いいお客さんと判断されるまであまりにも時間がかかったらつらいですよね。どのくらい使い続ければ、増額してもらえるのでしょうか。

会社によってももちろん違いますが、だいたい3ヶ月~半年くらいといわれています。たった3ヶ月で増額できれば、割合に楽かもしれませんね。

また、「増額してください」と頼むこともできるようなので、お急ぎの方は試しに増額をお願いしてみるというのもいいかもしれませんね。

デフレって何?お金を借りることとどう関係があるの?

デフレになると、お金を借りることに影響があるといいます。でも、具体的にどういうことなのか、わかりづらいですよね。ここでビシっと解決してみませんか?

デフレとは何かわかりやすく解説

デフレというと、「不景気」という言葉が連想されるかもしれませんね。不景気というと、くら~いイメージがあります。お給料は下がり、勤め口はなく・・・なんていうのが不景気のイメージです。

デフレだとなぜ不景気になってしまうのでしょうか。

デフレ(デフレーション)は、品物がなかなか売れないという状態のことを言います。消費者がお財布のヒモを固くするので、なかなか商品が売れないのです。

ということで、どうにか買ってもらおうと、どんどん商品の値下げ合戦になります。たとえば、身近な例で言えば、今までは300円の価値のあった大根が、デフレになると100円がふつうになってしまう、なんていう感じでしょうか。

このように、商品よりもお金の方が価値が出るというのがデフレなのです。同じ300円で大根を3本買えるか1本しか買えないかでは、お金の価値は前者の方がありますよね。

つまり、お金に高い価値が付くのがデフレなのです。

デフレだと借金はどうなる?

さて、お金を借りることには、デフレだとどんな影響が出るのでしょうか。

お金の価値があがるのがデフレだと言いました。ということは、あなたがもし借金をしていた場合、損してしまうのですね。なぜかというと、デフレ状態で価値のあるお金を返済していかなければならないからです。

同じ100円でも、価値が違うのですから、借りた時に比べてデフレになってしまっていたら、当然ながら価値の高いお金を返済しなければならないというわけで、これは損ですよね。

ですから、デフレの状況では、借金は重荷になってしまうと言われているのです。

親子リレーローンは予想以上にあなたの人生を縛り付けます

親子リレーローンを検討していますか?思ったよりも慎重になった方が良いかもしれませんよ。

親子リレーローンはメリットいっぱい?

親子リレーローンとは、その名の通り、親子2代で住宅ローンなどの大きな金額のローンを返済していくことです。

たとえば、あなたのお父さんが50代で住宅ローンを組むとします。定年まで後10年もありませんから、定年後の支払いに困ってしまいますよね。ですから、お父さんだけが住宅ローンを組もうとしても、銀行はなかなか貸してくれません。

そこで、20代のあなたが一緒にローンを組むとします。そうすれば、お父さんが引退した後はあなたに支払いをバトンタッチ。これなら、銀行も納得して貸してくれます。それに、二人で一つの家に住んでいるのですから、支払いを交代しても両者にメリットがありますよね。

また、20代の間はお父さんにローンを払ってもらい、30代・40代になったら自分で残りのローンを支払えばいいのですから、自分ひとりでローンを組むよりも楽になるようにも思えます。

このようにメリットだらけに思える親子リレーローンですが、実は、かなり「重たい」ものでもあるのです。

人生はどうなるかわからない

親子リレーローンの落とし穴は、2人の人間の長い時間を縛り付けるということです。こういうと大げさかもしれませんが、実際に親子リレーローンで困ってしまう人は多くいます。

たとえば、独立を考えた時や、家族を持った時に、新しい家を持ちたくなるかもしれません。そうなると、親子リレーローンを組んでいたら、そのローンが重荷になってしまいます。

さらに、独身時代に親子リレーローンを組み、結婚することになれば、すでにローンを持っているということがかせになる場合もあるでしょう。また、親子リレーローンというのは、同居するのが基本ですから、同居することで人間関係の混乱が生まれてしまうかもしれません。

さらに、外国に行って活躍してみたいと思ってもかなわないかもしれません。あなたの人生プランが親子リレーローンに縛られてしまうのです。

また、縁起でもありませんが、お父さんが早くに亡くなってしまった場合、若いあなたがローンを長期間支払わなければならないのです。そのことで、経済的に余裕がなくなってしまうかもしれません。

このようなことをすべて覚悟した上で、親子リレーローンは検討する必要があるでしょう。

最新情報!結婚式の費用をローンでまかなうのはもう古い!

結婚式には、お金をかけようと思うといくらでもお金がかかりますよね。でも、ローンを組むのは迷う・・・。ローンで結婚式を組むのは普通なのでしょうか?

結婚式の費用をローンはあり?なし?

結婚式といえば、一生に一回のめでたいもの。めでたいだけではなく、お金がかかるもの。100万はおろか、200万も300万もかかる場合があるようです。ゲストに喜んでもらうことを考えたり、自分の衣装を豪華にしたりすれば、いくらでもお金はかかるんですよね。

それにかかる費用の支払いはやはり困ってしまいますよね。ローンで支払うという方法もありますが、どうやら世間では、結婚式の費用をローンで払うのはよくないというイメージがあるようです。

「結婚式は一度で終わるのがいいから、後でお金を払うのは縁起が悪い」という考え方や、「もう終わったものにお金をかけて家計が苦しくなってしまったら、せっかくの新婚時代が台なしに・・・」なんていう意見もあります。

確かに、結婚式をローンで支払うとなると、当日は楽しめても、残ったローンのことを考えるとがっかりしてしまいそうですよね。

結婚式をローンで払うのはもう古い?!

でも、結婚式はどうしてもしたいしなあ・・・というあなたに朗報です。なんと、最近では、ローンを組まなくても支払うことができる結婚式が流行しているというのです。

ローンを組むほどの金額を積まなくても、安い値段で本格的な結婚式を行うのが現代の主流。「ファスト婚」なんていう言葉も定着しているようです。

ファスト婚の最新情報

ファスト婚とは、ファストフードになぞらえた、手早く安い結婚式のことです。ファストフードというと、安っぽいイメージがあるかもしれませんが、ファスト婚は、思った以上に豪華。場所こそ、豪華なホテルや教会ではなくても、交通の便のよい都心の、きれいな設備のある建物で、本格的な教会さながらの美しいスペースで式が挙げられるのだそうです。

肝心なお金はどうなのでしょうか。ファスト婚であれば、100万円も行かずに結婚式が挙げられるそうです。頭金も20万円も要らずにすむというところもあります。ご祝儀だけで式が挙げられるなんてありがたいですよね。

アルバイトだとカードローンに通る?通らない?ウワサの真相解明

カードローンの審査は、急いでお金が必要な時にはちょっと困ってしまいますよね。ここでは、アルバイトの人がカードローンの審査に通るのか通らないかを解説します。

アルバイトでも審査できます

カードローンの広告では、「アルバイトやパートでも一定の収入があれば審査の上融資できます」とよく言っていますね。これはどういう意味なのでしょうか。

一般的にアルバイトというと、収入が低かったり、安定しなかったりというイメージがありますね。ですから、カードローンの審査は到底通るはずがないと思われています。

しかし、カードローンの審査では、年収が低いからといって必ずしも落ちるとは限りません。大事なのは、安定した収入なのです。つまり、一ヶ月に10万円だろうが100万円だろうが、安定して毎月収入が入ってくるのであれば、審査できるということなのです。

ということは、アルバイトでも毎月しっかり働いていれば、審査に通りそうですよね。

アルバイトは審査に落ちやすい

しかし、一般的には、カードローンの審査にアルバイトは通りづらいと言われています。なぜなのでしょうか。

やはり、カードローンの審査が厳しくなっていることが原因かもしれません。カードローンの経営がそこまで良いとは言えない今の時代で、カードローン会社も、できるだけ安心感のある人に貸したいと思っています。

となると、アルバイトの人と正社員の人が申し込みしてきた場合、正社員の方が安心だと判断して、アルバイトの人は断ってしまうのです。

結局申し込んでみないとわからない?!

アルバイトは通りにくいと言っても、アルバイトでもオッケーというカードローンの宣伝は後をたちません。いったい何を信じていいかわからない・・・と、悩んでしまいます。

結局、申し込んでみないとわからないというのが本当のところでしょう。でも、申込先には気をつかいたいですね。たとえば、銀行のカードローンは、審査が厳しいと言われています。一方、消費者金融会社のカードローンは、比較的審査が甘いと言われているのです。

また、あまりに聞いたことのない会社への申し込みにはくれぐれも注意が必要です。「闇金」の場合もあるからです。

借金のせいでうつ病に?!治すには状況を具体的に整理するのが一番

ひと昔前は、あまり有名ではなかった「うつ病」。現在では、うつ病で苦しむ人は非常に多くなっているようです。中でも、借金がからんでうつ病になってしまうと、治療が本当に大変になってしまいます。

借金のせいでうつ病に

最初は少しだけ融資してもらおうと思ったカードローン。いつの間にか、金利も払いきれなくなり、借金は増えていく一方・・・。急いで返済しなくては!と焦れば焦るほど、ストレスがたまり、お金を使ってしまう。借金がまた増える・・・。

その悪循環によって、心も身体も疲弊してしまって、うつ病になってしまうということは決して珍しくないようです。

うつ病になってしまうと働きたくても働けません。ということは、収入がまた減ってしまうことに・・・。借金の返済だけではなく、生活も苦しくなってしまいます。

うつ病で自殺を絶対に防ぐ

うつ病のこわいところは、自殺にまで辿り着いてしまうということです。治せば治るものを、うつ病のせいで、「絶対に治らない」と思い込んでしまい、こんなつらい状況の中で生きているのは無理だ、死んだ方が楽だ、という思考回路に陥ってしまうのです。

自殺を防ぐためには、治療に専念するのが一番です。治療のためには、周りからの理解がもっとも大切です。調子の良い時はまったく病気に見えないのがうつ病ですから、うつ病で仕事を休めば、「サボってるんじゃないか」などと思われてしまうのです。そうなると、うつ病患者は追い詰められてしまい、さらに病状は悪化します。

借金が原因でうつ病になってしまった場合は、その原因を解決するのが一番です。しかし、一気に返済するのは難しいでしょう。ですから、お金を借りているところにうつ病を理解してもらって、返済を待ってもらうのが、うつ病を治す方法です。

相談してみることも大事

病気で働けなくなってしまった時は、そのことを正直に言って返済を待ってもらうのが一番です。そのためには、医師からの診断書なども必要かと思いますので、医師にも正直に相談しましょう。

うつ病ももちろん立派な病気ですから、病院に行って診断書をもらい、医師にも借金のことを正直に言うことで、一緒に解決に導くことができます。

さらに、借金を作ってしまった原因は何か?返済のためにはどうしていけばいいのか?これらのひとつひとつを具体的に整理することで、心が整理されて気持ちが楽になるのです。